2017/11/06
11月の風水開運アドバイス


台風22号が沖縄本島を直撃したため先週は片づけに追われました。建物には大きな被害は出なかったものの植栽や花木は枝が折れ、葉が枯れました。

沖縄では台風が過ぎると住宅、車、植栽などホースで水をかけて洗います。台風が海水混じりの雨を降らせるため放っておくと塩害が出るからです。アルミやステンレスさえも錆びつきます。

 今年は例年より海水温が高く、気温も2度ぐらい高めでした。最高気温がなかなか30度以下にならなかったのですが、台風22号が過ぎてからは30度を下回るようになりました。それでも28度ぐらいはありますので、本土から沖縄に来られる方は今が過ごしやすい気候だと思います。

 沖縄は、ここ数年経済的にも活気が出ていて、本土や外国からの観光客や移住者が年々増えています。
 私の事務所では本土からの移住者だけでなく、日本人と結婚して沖縄に住宅を構える外国人からの風水設計の依頼も増えてきました。アメリカやオーストラリア、香港の方の相談に乗っています。
 そういう人たちは沖縄文化に興味のある方が多いので、「琉球風水」にも関心が高いようです。

 県外からの移住者に共通しているのは海の近くか海が眺望できる場所です。沖縄の海の美しさは世界共通で魅力的なようです。
 私も海の近くに住んでいますが、毎日愛犬と一緒に海辺を散歩して海から元気をもらっています。
 沖縄の暖かな気候と美しい海、そして温かく優しい人たちといっしょにいるととても幸せな気持ちになります。

 沖縄に移住される方は大歓迎ですが、移住してから沖縄の慣習や県民性にびっくりされる方もたまにあります。
 私は妻が沖縄の人なので先輩としてそういう方たちの相談に乗ることもよくあります。沖縄への移住を考えている方は一度長期滞在してみるといいですよ。沖縄の土地や人々と触れ合ってみることでいろいろな気づきがあるはずです。
 気に入ったら思い切って移住されて下さい。沖縄の発展運の波に乗ってみては。



【立冬(りっとう)】
 今年は11月7日(火)が二十四節気の「立冬」です。
 この頃から日が暮れるのも一段と早くなり、冬の訪れを一層感じさせます。
 だんだん寒気が強くなり、冷たい季節風が吹くようになります。朝晩が冷え込み、空気が乾燥してきますので風邪をひきやすくなります。インフルエンザも流行シーズンに入りますので早めに予防注射をしておきましょう。
 ただし、今年はワクチンが足らないようですから子供や妊婦さん、お年寄りが優先となります。それ以外の方は手洗い、うがい、マスク、十分な睡眠など自己管理が大切ですね。

【酉の市(とりのいち)】
 商売をされている方にとって気になるのが「酉の市」。この日は開運の神様であるおおとり明神の祭礼が行われ、開運祈願をする人で賑わいます。

 酉は十二支の一つで、西方位にあって、金運、社交運を司ります。11月6日(月)の「一の酉」、11月18日(土)の「二の酉」、11月30日(木)の「三の酉」は金運アップ、商売繁盛を願う人で賑わいます。今年から来年にかけて一段と景気が良くなっていくといいですね。

【七・五・三(しちごさん)】
 11月15日は「七・五・三」です。
 男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳にお祝いをすることが多いようですが、地方によって異なります。

 子供たちの成長を氏神様や土地の神様[産土神(うぶすながみ)]に御報告するために、親子で宮参りをします。子供の健やかな成長を喜び、神仏に感謝する日です。子供の成長記録を残すため、写真撮影するのも忘れないで下さい。家族で一緒に写真を撮れば、家庭運アップになります。

 七、五、三の数字は、もともと中国で縁起のよい数字であることから、日本でも子供の成長を願う年齢として採用されたようです。土地の神様だけでなく、大潮や月のエネルギーも得て子供の健康を願ったと考えられます。

【小雪(しょうせつ)】
 11月22日(水)は二十四節季の「小雪」となります。雪がちらつく頃で、市街にはまだ本格的な降雪はなくても、山の峰には冠雪が見られる時期です。冬の到来を感じさせ、木枯らしが吹き、みかんが黄ばみ始めます。


【今月のラッキーディなど】
11月の吉日は11月12日(日)、11月15日(水)、11月19日(日)。
ラッキーアイテムは土鍋、カイロ、湯豆腐。
ラッキーカラーは茶系、オレンジ、赤。


このBLOG CGIについて