2020/09/01
9月の風水開運アドバイス


 大型でかなり強い台風9号(メイサーク)は昨夜から今朝にかけて沖縄本島に最接近しました。今回はかなり大きな台風で、夜中の激しい風雨や何かがぶつかる物音でよく眠れませんでした。本島や久米島では最大瞬間風速40m〜50mが記録されています。

 現在は南から暴風が吹き、台風が離れつつありますが、今日の夕方までは吹き返しの風に注意が必要ということです。今後、九州など西日本に影響が出る可能性もあるため、進路に関係する地域の方は注意されて下さい。

 ここ数年、地球温暖化の影響なのか、台風の勢力が強まってきているように感じます。暴風や雨の降り方が過激になって、電柱が折れるとか、道路が冠水することが増えているように感じます。

 高い山がある地域は雨と共に地滑りや土石流が発生しますので、沖縄以上に土砂災害の危険が高くなります。夜暗くなってからでは他所に避難することもままなりません。天気予報を確認しながら、早めに自分の身を守るための行動を取られて下さい。

 これから住宅をつくる方たちは、まずハザードマップを確認して下さい。土砂災害指定区域、河川や水路の位置、河川氾濫時の想定浸水域や水位などの情報は重要です。そして、敷地は必ず道路面より高く盛り土し、樋からの排水管や雨水桝をやや大きめにして住宅や敷地に降った雨水を速やかに排水するように計画されるとよいでしょう。
 

 9月は二十四節気で白露(はくろ)、秋分(しゅうぶん)の時期です。
【白露】
 白露は9月7日で、このあたりから秋の氣が本格的に加わってくるため朝露が目立つようになります。秋雨前線も活発になるので土砂災害に注意する必要があります。

【重陽の節句】
 9月9日は「重陽の節句」です。重陽というのは陽が重なるという意味で、昔の人は縁起の良い日としてお祝いしました。これは、奇数を陽、偶数を陰とする陰陽術より来たもので、9月9日は奇数の最大数9が重なるので最も陽の氣が強いとして喜ばれたのです。

 ちょうど、菊の花のシーズンにも当りますので、「菊の節句」とも呼ばれ、お酒に菊の花をひたして飲むと健康長寿に恵まれると言い伝えられています。
 沖縄は旧暦で祝うので、今年は10月25日になります。



【彼岸とシルバーウイーク】
 9月19日〜25日が秋のお彼岸です。22日が秋分で昼と夜の長さがほぼ同じになります。あの世の理想郷である「彼岸」に到達したいという仏教思想から、お彼岸の行事が生まれました。

 お彼岸には、お墓参りをして先祖を供養します。新型コロナの状況次第によるでしょうが、今年は自粛する人が増えそうです。お墓参りをしなくても先祖に感謝する思いを持つことが大切なことであり、そうすることによって運がよくなると言えるでしょう。

 今年は9月19日(土)〜22日(火)までがシルバーウイークの4連休です。台風シーズンでもあり、今年は新型コロナの影響で多くのイベントが中止されたり、制限されたりしています。突然の変更などもあるでしょうから、こまめな情報の更新が大切です。近場でのレクリエーションが安心かもしれませんね。



【今月の祝い事によい吉日など】一白水星
9月の吉日は4日(金)、13日(日)、20日(日)、29日(火)。
ラッキーアイテムは常備薬、防災グッズ、飲料水、乳製品、睡眠グッズ。
ラッキーカラーはクリア、薄青、白、黒。

このBLOG CGIについて