風水占い

琉球風水レッスン

日 記
カテゴリー別 日記
メルマガ
事例紹介
プロフィール
会社連絡先
お仕事の依頼はこちらから
 
 
 
 
バックナンバー
1: 風水の基本
2: 沖縄サミット編
3: 風水の歴史
4: 地形からみる風水
5: 住宅の形から見る風水
6: 住環境
7: 土地の活かし方
8: 建物の配置と門・塀・アプローチ・玄関
9: 風水を取り入れた間取りプランの考え方
10: 住宅の配置と門・玄関
11: 台所(キッチン) 
12: 床の間  
13: 風水とトイレの話
14: 仏壇と神棚
15: 浴室と風水
16: 引越しと屋敷祈願
17: 吹き抜け
18: 部屋からの眺め
19: 鬼 門
仏壇と神棚
 風水の仕事をしていますと「仏壇と神棚の配置はどうするのがよいか?」という質問もよく戴きます。仏壇と神棚について考えてみましょう。

【仏壇】
 同じ仏教文化圏あるいは風水文化圏であっても、本土での仏壇と沖縄や台湾での仏壇の配置や祭り方は少しずつ異なるようです。このことからも宗教というものが純粋に伝えられたのではなく、伝播途中でそれぞれの土地の土着信仰や風俗と結びついて独自の発展を遂げたことがわかります。
 したがって、それぞれの地域での祭り方がありますので旧家や仏壇屋さんに相談して決めるのが良いでしょう。

1、 仏壇の向き

 本土での一般的な仏壇の配置は、次の3種類あります。

(1)仏壇を東向きに安置し西に向かって手を合わせる
(2)仏壇を南向きに安置し北に向かって手を合わせる
(3)その宗派の本山のある方角に向かって手を合わせるように安置する。  

 それぞれの意味は以下の通りです。
(1) 仏教では「西方には極楽浄土があり、そこには阿弥陀如来がいてその名を唱えれば全ての人が救われ極楽に行ける」という信仰があるため、西に向かって拝むのがよいとされています。

(2) アジアモンスーン地帯では、夏は蒸し暑く冬はシベリアの季節風が吹き降ろすため、北に開口部を設けると冷たい北風が入るので住み心地が良くありませんでした。   
 そこで、北を背に南を向いた住宅が主流となりました。日本の住宅も同様に南向きの住宅が多いわけですが、その場合に仏壇も住宅の向きと同様に北を背に南を向くように置かれるようになりました。そうすることで、仏壇が明るい方向を向き光と風が心地よく入るようになります。
 中国では、風水の基礎となっている道教思想によって廟やお墓、仏壇、祭壇が作られましたが、道教の北斗信仰、北極星信仰に基づき、死者は北極星に向かって旅立つと考えました。そのためお墓や仏壇は北を背にして南を向くように安置されます。   
 沖縄でも、中国文化の影響を色濃く受けていますので、仏壇の向きは北を背に南を向けるのが主流です。最近は、住宅事情から必ずしも南向きの仏壇は作れないため、西を背にして東を向いた仏壇も見られます。  
 基本的には、仏壇は先祖に手を合わせ、先祖への供養や感謝の気持ちを表現する場所であり、家内安全や家庭円満、子孫繁栄を願う場所でもあります。家族や親戚 がお参りしやすい環境の良い場所に置くのがよいでしょう。

(3) 古代中国では住宅の北方位 に墓がありましたから、仏壇は墓を拝むように北を背に南を向いて安置しました。 同様に宗派の本山のある方位 に向かって礼拝するように本山を背にして仏壇を安置する考え方もあるようです。

2、仏壇の位置

 仏壇は住宅の中心付近に置くのが道教や風水の考え方です。 家の中心は太極とも呼ばれ、最も氣エネルギーが集中しパワーの強い場所だからです。
 昔は二間続きの和室があり、中心に近いほうには仏壇を、遠い方には床の間を設けました。家族の集まる近くに仏壇があって、まさに先祖と家族が共存していたわけですが、近年では和室が減り、洋式の住宅が増えて来ましたのでリビングに仏壇を置くか、リビングに続いた和室に仏壇と床の間を作るケースが多くなっています。
 住宅全体の雰囲気を考えて仏壇もだんだんコンパクトになったりお洒落になっていく傾向もあるようです。仏壇の大小にこだわる必要はないと思いますが、先祖に礼拝する気持ちは失いたくないものです。

【神棚】
 信教の自由が謳われている現代にあっては、神棚はどうしても必要ということはありませんが、神棚を置く場合には次のことを参考にされると良いでしょう。
 神棚は明るくて清浄な高い場所に置くのが基本です。高さは人の目線よりも高い位 置が良いようです。家族や会社の人がお供えしたり礼拝したりするのに都合の良い場所であることも大切な条件となります。ドアや襖、障子、掃出しの上などは人が出入りして落ち着きませんし、何かと不安定なので避けるようにします。
 神棚は風水では住宅で最も大切な聖域(サンクチュアリ)となりますので、清潔にして榊などの生命力の強い木を飾ったりします。神棚のあるところが住宅の最も上座に当たりますので、会社の場合には社長の席の背後や近くに置くか中心に置くと良いでしょう。
 向きは、一般 的に光が射し込んで明るい南向きまたは東向きに置きます。これは仏壇と同じです。

【神棚や仏壇の上を二階の人が歩くと良くないのか?】
 二階に部屋を設ける場合に、神棚や仏壇の上を人が歩くような間取りにすると神仏に失礼になるので寝室などを作ってはならないと書かれている家相の本を時々見かけます。また、仏壇や神棚は家族より位 が高いので必ず二階に作らなければならないという家相の先生もいます。果 たしてどうでしょうか?
 私の今までの調査の経験からは、それが原因でトラブルがあったことはありません。神様の気持ちというよりも人間が勝手に考えたことのように思われます。それでも気になる方は神棚や仏壇の上を収納にして、人が歩かないようにすると良いでしょう。
 私は方位にあれこれこだわるよりも、神仏を祀る気持ちのほうが大切だと思っています。神仏は私たちが幸せになることを一番に願っておられるでしょうから、気持ちを込めて礼拝することが最も大切なことだと思っています。
[ ページトップ↑ ]
 
Copyright(C) ryukyufusui.com, All rights reserved