風水占い

琉球風水レッスン

日 記
カテゴリー別 日記
メルマガ
事例紹介
プロフィール
会社連絡先
お仕事の依頼はこちらから
 
 
 
 
バックナンバー
1: 風水の基本
2: 沖縄サミット編
3: 風水の歴史
4: 地形からみる風水
5: 住宅の形から見る風水
6: 住環境
7: 土地の活かし方
8: 建物の配置と門・塀・アプローチ・玄関
9: 風水を取り入れた間取りプランの考え方
10: 住宅の配置と門・玄関
11: 台所(キッチン) 
12: 床の間  
13: 風水とトイレの話
14: 仏壇と神棚
15: 浴室と風水
16: 引越しと屋敷祈願
17: 吹き抜け
18: 部屋からの眺め
19: 鬼 門
土地の活かし方
風水で最も大切なことは吉相地を求めることですが、現実に生活していく上で理想の土地を手に入れることはなかなか難しいようです。
親から戴いた土地であったり、仕事場に近いなどの立地条件で選ぶことも多いからです。一応風水で吉相地というのは南下がり西下がりの土地で日当り風通 しの良い四角い土地と言えます。
南や東南に道路があるとそちらからの日光や風が入るので吉相です。三角形や形のいびつな土地は住宅を建てにくいだけでなく、使い方が難しいので風水的には敬遠されがちです。 ところで、どんな人にも良い面と悪い面があるように、どんな土地でも良い所と悪い所があります。
北向きや西向きの土地であっても「ダメ」ではないのです。必ずその土地の良いところ、活用できるところがあるはずです
風水師であれば、教科書通りの鑑定をしてここが悪いあそこが悪いと言うだけでなく、悪い土地を生かすことの出来る提案をするべきです。鬼門が悪い云々と言うのは誰だってわかっています。それでも問題が起きないように手段を講ずるのがプロの風水師ではないでしょうか?
実際に現場を多く見てきますと、一軒一軒全て環境条件が異なりますので、 二つとして同じアドバイスは通用しません。ちょうど、人間一人一人体質が違うので、病院に行ってもらう薬の種類や量 が一人一人違うのと同じことです。その土地を生かすためには、地形や水の流れ、風の流れ、日光の入り具合をよく読んで住宅や駐車場、庭などの配置を決めることです。
現場を一度も見ないで設計するとなれば、あまり良い設計にはならないでしょう。風水では土地の運勢7割、建物の運勢3割ぐらいと考えておいて下さい。

.道路を活かす
外から住宅へ氣エネルギーをもたらすものは道路です。
道路を川だと想定してみて下さい。
道路の大きさによって、あるいは交通量によって氣エネルギーの質と量 が変わってきます。片道4車線もある大通りと車二台がやっとすれ違うことの出来る市道では、そこに流れる氣エネルギーも大きく異なります。
住宅を建てるなら、大きな道路から脇に入った静かな通りを選ぶほうが落ち着いて静かに暮らすことが出来ます。住宅の門、玄関を作るとき家相の先生に相談すると「南か東南に作りなさい」と言われるかもしれません。しかし、北に道路のある土地や西に道路のある土地はどうでしょうか。これらの土地に南玄関や東南玄関を作ることが果 たして良いことでしょうか。人や車は道路から入ってきますので、道路に面 して門を開けるのが自然です。
門から玄関までのアプローチは、一直線上にならないように注意してカーブを描くように作るとよいでしょう。アプローチ周辺にはガーデニングを施し樹木や花を植えましょう。
昔から庭木として喜ばれるのは、松、竹、梅ですが、ナンテンや千両、万両の木も喜ばれます。本土でも沖縄でも枝振りの良い松を門付近に植えて、来る人を楽しませていますよね。
門から玄関にかけては、その家の顔だと思って下さい。外からのお客様を迎える 大切な場所ですのできれいにしておきましょう。

.方位 を活かす
なんと言っても朝陽が入る家が最も吉です。
また、朝から日中3時頃まで日当たりの良い住宅も吉です。
午後4時頃から夕方にかけての西日は弱いほうが吉です。
住宅を建てる時に大切なことは、東〜南方位 の日光を十分取り込むことの出きる家を建てることです。 ただし、東や南に高層ビルが建っていたりすれば話は別です。
土地の周辺環境に合わせると共に一日の太陽の動き、季節ごとの風の向きを考慮して、間取りを考えましょう。
日当たりの良い部屋は、リビングや和室がよいでしょう。直射日光の当たらない部屋は書斎や納戸、クローゼット、寝室などがよいでしょう。
キッチンやトイレ、風呂などの水回りは、ケースバイケースとなりますが、 あまり直射日光の当たらない場所のほうがよいようです。
北東の鬼門方位に配置する時は窓の構造などを工夫して慎重にして下さい。

.形を活かす
土地の形が三角形やいびつな形の場合には、最も面 積の広い安定する場所に住宅を建てて下さい。それ以外の場所は、庭にしたり駐車場して下さい。
細長い土地の場合は、そのまま住宅を建てると長い廊下になって部屋が暗く なる恐れがあります。庭や中庭をうまく生かしながら明りを取るようにして下さい。
さらに、土地の尖っている向きに氣エネルギーが流れていきやすい(地勢)ので、 住む人の生年月日から割り出される12支方位 本命星方位と合わせることで運勢を強めることもできますが、熟練が必要です。
[ ページトップ↑ ]
 
Copyright(C) ryukyufusui.com, All rights reserved